>

リフォーム工事では家主はどこに注意すべき?

リフォームをする時に注意するべきポイントとは?

工事が終わってからも注意しておきたいこと

工事か完了する前にチェックしたいポイント

工事が完了した際には、担当者と一緒に希望通りの仕上がりになっているのかを確認することになります。
その時に活躍するのが、着工前や途中などで用意してもらった図面です。

きちんとその通りの施工がされているか、可動部はスムーズに動くようになっているかなど、細部までしっかりと施工されているのかを確認するのです。
お金を払ってしまう前にこのような問題点を発見し改修してもらった方がトラブルを防止できるといいますから、この作業はできるだけ複数の人間のたくさんの目で行った方がいいと言えそうですね。
この段階で追加の工事や改修工事が必要になったとしたら、引き渡し時の最終チェックではその点をさらに念入りに確認するようにして完了としてください。

工事完了ですべてを終わりにしない

家屋の再生を目的として行われるリフォームは、一旦工事が終わったらすべてが完了するというわけではないと考えておいた方がいいようです。
痛んだところを直したとしても再び改修が必要になることもありますし、長い間にはまた別のところが痛んでくることも考えられるからです。

リフォーム会社の多くは、そうした問題にも対処できるように様々な保証やサービスを打ち出しているようです。
たとえばリフォームの内容に応じて保証を設けている会社や、再びリフォームを依頼する時には割引のサービスを受けられるというところ、工事完了後には定期的な点検サービスがついているところまで、その内容は様々です。

このようなアフターサービスにも目を向けて、上手にリフォームし大切な家屋を維持していきましょう!


このコラムをシェアする