>

リフォーム工事では家主はどこに注意すべき?

リフォームをする時に注意するべきポイントとは?

リフォームの必要性とは?

はじめに考えておきたいこと

リフォームについて考える時は、誰のためにどのような点を改善していきたいのかを家族で相談して明確にし、契約をする前の打ち合わせの段階からリフォーム会社にしっかりと伝えて完成イメージを共有することが大切です。
次にそうした希望を実現することが可能なのかという根本的なことや、そのためにかかる費用や期間についても確認し、あとで揉めることのないようにはっきりとした文書として残しておくことをお勧めします。

また、各種届け出が必要な場合には誰が手続きをするのかをきちんと確認しておきましょう。
家主本人がするべきなのか、リフォーム会社が代行してくれるのかということが曖昧なままだと責任の所在が不明確になってしまい、結局必要な申請が漏れていたというような最悪の事態を招くことになるかもしれないのです。

ご近所への配慮も忘れずに

一戸建てであってもマンションであっても、リフォームは自分の家だけの問題ではなく周囲に迷惑をかけてしまうこともあると思いますから、気持ちよく工事を進めていく為にも近隣への気配りは忘れないようにしましょう。
トラックなどが出入りすることや、リフォーム時の騒音やペンキの臭いが発生してしまうというようなことを事前に伝えて了承を得ておいた方がいいかもしれません。

近くにトラックを止められるような空き地がある場合には、地主さんにお願いしてしばらくの間止めさせてもらうのもいいでしょうし、マンションなら共用スペースや来客用の駐車場を一時的に使わせてもらうために管理組合に申請しておくという方法もあります。
着工する前にご近所への挨拶を済ませ、出入りする業者の名前と責任者の顔ぐらいはお知らせしておいた方が揉め事を減らすことができるかもしれません。


このコラムをシェアする